クレジットカード

【アメリカ版】ヒルトンのクレジットカード3種類を比較

※当サイトはPR・アフィリエイトが含まれます

アメリカでおすすめのクレジットカードは?

ヒルトンカードはどれが人気?特典は?

そんな疑問にお答えします

こんにちは、くまです。アメリカに駐在している経験から、おすすめのヒルトンカードを紹介します

※2024年7月31日まで入会ボーナスが増量中フリーナイトリワード(無料宿泊特典)は、ほぼすべてのヒルトン系列ホテルで利用可能です(高級ホテルのConradやWaldorf Astoriaを含む)

\豪華な入会特典/

1.ヒルトンのクレジットカードを徹底比較

ヒルトンのクレジットカード比較表

アメリカで発行できるヒルトンのクレカは3種類あります。(※他にビジネスカードが1種類ありますが、ここでは紹介を割愛します)

国際ブランドはすべてAMEX(アメリカンエキスプレス)のみとなっています。VISAやMasterと比較すると使えるお店が限られる場合があります。しかし、アメリカでは多くのお店で使うことができますので心配ありません

アメリカ駐在中は出張や旅行をすることが多いので、1枚は持っておくとメリットが多いクレジットカードです。また、通常は紹介リンクから申込んだ方が入会特典が多くもらえますので、ぜひ紹介リンクからホームページをご覧ください

\豪華な入会特典/

2.ヒルトンポイントの価値

Honors CardSurpass CardAspire Card
入会
特典
70,000P
~100,000P
130,000P
~170,000P
150,000P
~180,000P
現金
価値
420ドル
~600ドル
780ドル
~1,020ドル
900ドル
~1,080ドル

ヒルトン系のホテル宿泊に使用した場合、1ポイント=0.6セントが目安となっています。そのため、入会特典だけで9万円~15万円ほどの価値があります(1$=150円の場合)

※キャンペーンによって「入会特典のポイント増量」、「無料宿泊1泊付き」など不定期に行っていますので、紹介リンクをチェックしてみてください

3.年会費無料:Hilton Honors Card

サブカードにぴったり

Hilton Honors Cardは年会費が無料にもかかわらず、2,000$/6ヶ月のミニマムスペンド70,000~100,000ポイントがもらえます。7万ポイントあれば、コンラッドなど高級ホテルなら1泊、一般クラスのホテルなら1~2泊できます。

太っ腹な特典である一方、メインカードにするのはもったいないです。もう1ランク上の「Surpass Card」であれば、ポイントがさらに貯まる上にゴールドステータスで朝食無料などの特典がつきます

4.年会費150$:Surpass Card

出張・旅行が多い人向け

ヒルトン系列のホテルを年に数回も利用するのであれば、とてもメリットが多いです。ポイントが貯まりやすく特典130,000~170,000ポイントに加え、ゴールドステータスが付与されるので朝食が無料になります。これだけで年会費分の元が取れますね。

クレジットカード

実際に私も「Surpass Card」を作成しました

\豪華な入会特典/

5.年会費550$:Aspire Card

ヒルトン系列のホテルが好きな方向け

Aspire Card最上級ランクのダイヤモンドステータス付与が一番のメリットで、充実した特典をえることができます。具体的には、部屋の無料アップグレード、エグゼクティブラウンジ、朝食無料、飲食クレジット付与など最高級の特典があります。本来は60泊以上しないと得ることができないステータスなので、ヒルトン系列のホテルを高頻度で利用する場合はとてもお得になります

\最高級のステータス/

6.結局どれが1番おすすめか?

クレジットカードの封筒

私は特典とホテルの利用頻度から、年会費150$の「Surpass Card」を作成しました。ヒルトン系列ホテルの年間宿泊数は5~6回程度なので、こちらのクレジットカードがちょうどよかったです。年間10泊以上する方であれば、年会費550$の「Aspire Card」がお得だと考えます

7.ヒルトン系列のホテルを紹介

ヒルトンのブランド一覧

ヒルトンは124ヶ国に約7,400のホテルを展開してるホテルグループです。アメリカでは19ブランド合計で約6,000のホテルを運営しているため、各地域のどこかにはヒルトン系列のホテルがあります。

また、ヒルトンは高価格帯からビジネスユースのホテルまで揃っていて、写真の上から「ウォルドルフ アストリア」が最高級のラグジュアリーブランドで、「コンラッド」、「ヒルトン(無印)」、「ダブルツリー」と続き、ビジネスユースの「ヒルトンガーデンイン」、「ハンプトンイン」などのブランドがあります

高価格帯のホテルなら7万~9万ポイント、ビジネスユースなら4~5万ポイント程度で宿泊可能です(※時期によって必要なポイント数は変動します)

8.まとめ

Hilton Honors Card」、「Surpass Card」、「Aspire Card」のどれも出張・旅行する人にとって心強いクレジットカードです。ヒルトン系列ホテルの利用頻度によってカードを選んでみてください

また、キャンペーンによって「入会特典のポイント増量」、「無料宿泊1泊付き」など不定期に行っていますので、ぜひホームページをチェックしてみてください

\豪華な入会特典/

この記事がアメリカ赴任・留学・移住する方々のお役に立ちますと幸いです

いじょう!

コメント