アメリカ生活生活情報

おすすめのVPNランキング5選

※当サイトはPR・アフィリエイトが含まれます

海外から日本のテレビって見れないの?

VPNはどれを選べばいい?おすすめは?

そんな疑問にお答えします

こんにちは、くまです。アメリカで生活している経験からおすすめのVPNをご紹介します。結論からお話しすると、私も使用しているNordVPNが1番おすすめです

この記事では、大手のVPN5つをランキング形式で比較していきます

海外駐在員におすすめのVPNランキング

1位Nord VPN世界で圧倒的シェア率
2位Millen VPN日本国内の最大手
3位Surfhark VPNコスパがいい
4位Atlas VPN大手で最安値
5位SUIKA VPN中国で安定した通信
VPNの比較表

1位 NordVPN:世界で圧倒的シェア率

料金は他社と比べると安くありませんが、業界最大手であるため「通信速度」や「使いやすさ」は抜群です。2年契約であれば3ヶ月の無料特典がもらえるのでお得感があります。アプリも使いやすく、NordVPNを選んでおけば後悔することはないでしょう

1つ注意点を挙げるとすれば、同時接続台数が6台までなので注意が必要です

2位 MillenVPN:日本国内の最大手

「日本企業を選びたい」という方はMillenVPNがおすすめです。やはり日本企業である安心感がありますよね。日本の高品質なサービスと、サポートが日本語対応で安心感が持てます。他のVPNサービスは海外企業が運営していることが多いので、サポートはAI翻訳が使われているため理解しにくいことがあります

3位 SurfsharkVPN:コスパがいい

同時接続台数が無制限で、料金が安いことがおすすめポイントです。SurfsharkVPNは会社設立が2018年と比較的に新しいですが、業界で3位のVPNサービスです。ただし、サポートが少し遅いなどの口コミがあるので、NordVPNよりも料金を抑えたい方におすすめです

4位 AtlasVPN:大手で最安値

atlasVPNは料金が他社の半額くらいに設定されているため、とにかく最低限のサービスでコスパ良く使いたい方におすすめです。サーバー数も十分にありますので、日本のテレビや映画を海外から見るだけであれば十分な機能を備えています。

ただし、Surfsharkと同様にサポートが遅いなどの口コミあることに加え、契約期間が1ヶ月、1年、3年となっています。3年の長期契約をする方にはコスパが抜群です

5位 スイカVPN:中国で安定した通信

MillenVPNと同様に日本企業が運営しています。日本のサービスやサポートは安心感がありますよね。スイカVPNの強みは、インターネットに対する規制が厳しい中国で安定して利用することが可能な点です。ただし、他社と比較すると料金が高額ですので検討する必要があります

VPNの仕組みは?

VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略称です

通信内容を暗号化するなどして、セキュリティの高い通信が確立されます

VPNのできること

①アメリカから日本のサイトにアクセスできる

テレビ番組、映画、アニメ、漫画などを配信しているウェブサイト・アプリは、海外からアクセスすることができないことが多いです。その理由は、著作権などを守るために海外からのアクセスをブロックしているためです

しかし、VPNを使うと日本のサーバーを経由して、ウェブサイトにアクセスすることができます。そのため、日本に住んでいる時と同じようにアマプラなどを見ることができます

一方で、YouTube、TikTokなどはVPNを使わずにアメリカから見ることができます

海外からアクセスできないサイト

Amazonプライムビデオ(日本アカウント)、ネットフリックス、hulu(フールー)、アベマTV、TVer(ティーバー)、NHKオンデマンドなどは、アメリカからアクセスできませんでした

(※ネットフリックスはVPNなしでアクセスできますが、アメリカの動画ラインナップになります)

②外出先のWi-Fiを安全に使用できる

駐在員は出張先のホテルでWi-Fiを使うことがあると思います。フリーWi-Fiはセキュリティが甘いので、仕事をするには心配ですよね。個人情報の流出などが発生したら大変です。しかし、VPNを利用して情報を暗号化していれば、情報流出のリスクが下がります

また、1アカウントでいくつものデバイスに同時利用が可能です。家族でアカウントを共有したり、スマートフォン、タブレット、パソコンで利用することができます

VPNのよくある質問

Q
VPNは違法アクセスになりませんか?
A

合法ですので、心配なく使用することができます。プライバシーやセキュリティを保護するサービスなので、大手企業などではVPNの使用が推奨されつつあります

Q
VPNが利用できない国は?
A

ロシア・ベラルーシ・北朝鮮・イラク・アラブ首長国連邦・トルコ・オマーン・ウガンダ・トルクメニスタンは、国としてVPNの利用が規制されています。また、中国は利用できるVPNが限られています

Q
VPNを使用すると通信速度は遅くなりますか?
A

私が試してみた結果、アップロードは少し遅くなりました。しかし、動画を見るためのダウンロードは変わりませんでした。映像が止まったりカクカクすることはありません。30Mbps以上であれば高速通信と言える水準です

VPNのスピードチェック
VPN:未使用
VPNのスピードチェック
VPN:使用中

まとめ

慣れない英語ばかり聞いていると、知らずのうちにストレスが溜まりました。VPNを使って日本のテレビ、ドラマなどを見ることができるとアメリカ生活がさらに充実します

この記事がアメリカ赴任・留学・移住する方々のお役に立ちますと幸いです

いじょう!

コメント