その他旅行

アメリカのタイタニック博物館に行った体験談

※当サイトはPR・アフィリエイトが含まれます

タイタニックミュージアムはどこにある?

遺品は見ることができる?

そんな疑問にお答えします

こんにちは、くまです。2023年にタイタニック博物館へ行ってきた経験から、実際の感想などをご紹介します

1.タイタニック博物館のアクセス

タイタニックミュージアムはアメリカ国内に2箇所あります。今回、私たちが伺ったのはテネシー州ピジョンフォージです

もう一ヶ所はミズーリ州にあります

ラスベガスにも小さい展示があるようです

2.チケットの購入方法

博物館のチケット

チケットは日時指定制になっています。事前にホームページから購入しましょう。金額は35$/人でした(2023年現在)

博物館のチケット

オンラインで購入したチケット(QRコード)を提示すると乗船券をもらいます。乗船券には実際に乗船していた方の氏名とプロフィールが記載されています

タイタニックに詳しい方はご存じの通り、客室のランクや性別によって生存率が異なりました。乗船券に書かれた人の生死について、ミュージアムの出口あたりで知ることができます

私たちがもらった乗船券

3.展示の内容

入口で注意事項などを聞いて、音声ガイドの機械を受取ります

船内はとても豪華な雰囲気

金の時計

遺品の懐中時計。金で作られており50万$の価値があるようです

トランクケース

こちらも遺品のトランクケース

みんな記念写真を撮影しています

タイタニック号が沈没した際の水温体験ができます。ひんやりと冷たく薄暗い雰囲気

こちらはタイタニック号が沈没する際の傾きを体験できます。15°、30°、45°とだんだん沈没していきます

タイタニック号に1名だけ日本人(細野正文氏)が乗船していました。2等客室の男性生存率はたったの8%。その中を彼は生き抜いたそうです

最後に乗船者の生死について展示があります

客室のランク、性別ごとの生存率なども展示があります

4.まとめ

他にも旅行に関する記事を執筆しています。ぜひご覧ください

この記事がアメリカ赴任・留学・移住する方々のお役に立ちますと幸いです

いじょう!

コメント