アメリカ生活生活情報

アメリカ赴任は格安SIM「Tello」がおすすめ

※当サイトはPR・アフィリエイトが含まれます

アメリカのSIMはどこがおすすめ?

スマホ代を節約する方法はある?

そんな疑問にお答えします

こんにちは、くまです。アメリカは物価が高いので、固定費のスマホ代は節約したいですよね!

\紹介コード利用で10$のクーポン付き/

紹介コード: P363DRR4

私は楽天モバイルとTelloをiPhoneのデュアルシムで利用しています

どちらも月額1,000円ほどなので、あわせても月額2,000円です。回線の切り替えは簡単で、iPhoneでは設定のSIMメニューから主回線を選ぶだけです

iPhoneのSIM設定画面

この記事では、Telloの特徴や契約方法についてご説明します

1.アメリカの3大キャリアは月額30ドル~

アメリカの携帯電話大手は、VerizonT-MobileAT&T で、日本でいうdocomo、au、Softbankといった感じです。大手キャリアは実店舗があることがメリットですが、スマホに慣れている世代は格安SIMで問題ありません

加入者数No.1No.2No.3
料金プラン35ドル~40ドル~30ドル~

一方で、格安SIMのTelloであれば、使い放題プランでも最大で月29ドルです

telloのホームページ

2.Telloのメリット

① プランが豊富で安い

Telloは、通話時間とデータ通信量を組み合わせて、自分に合ったプランを作ることができます。とても合理的ですね。料金プランの変更はアプリから簡単に行えます

データ/
無料通話
なし100分300分500分無制限
なし5ドル6ドル7ドル8ドル
500MB5ドル6ドル7ドル8ドル9ドル
1GB6ドル7ドル8ドル9ドル10ドル
2GB10ドル11ドル12ドル13ドル14ドル
5GB15ドル16ドル17ドル18ドル19ドル
10GB20ドル21ドル22ドル23ドル24ドル
無制限29ドル29ドル29ドル29ドル29ドル

② T-Mobileの回線だから繋がりやすい

アメリカのほとんどの地域をカバーしています

実際に使った感想は、住宅がある地域では問題なく繋がり、森林公園などの山奥にいくと圏外になることがありました。特に生活で不便を感じることはありません

T-mobileの通信エリア

③ 紹介で10ドルのクーポンがもらえる

Telloの紹介リンクからの登録であれば、10ドル相当のTello Dollarsがもらえます

月々の利用料に使用することができますので、実質1ヶ月無料になります

\紹介コード利用で10$のクーポン付き/

紹介コード:P363DRR4

④オンラインで手続きが完結する

申込み手続きは10分ほどで終わります。e-SIMであれば、申込み完了後にすぐ利用が可能

物理SIMの場合は2ドルの初期費用がかかり、配達まで数日がかかりますので、e-SIMを使えるスマホをお持ちでしたらe-SIMがおすすめです

3.Telloのデメリット

telloのロゴ

① 店舗がない(オンライン手続きのみ)

何かあった際は、店舗があった方が対応が早いと思います

しかし、私は格安SIMを日本にいた時から3年くらい使っていますが、店舗が無くて困ったことはありません。日本でいうahamoやpovoと同じような仕組みです

② データ繰越しに作業が必要

Telloは繰越し作業を行わないと、余ったデータ容量がリセットされます。毎月の余ったデータを翌月に繰越すには、契約更新日の1日前までに料金プランの変更が必要です。記事の最後に繰越し方法をご紹介します

少々手間がかかることはデメリットですね

4.Telloの契約方法

  • STEP1
    TelloのHPにアクセス

    「紹介コード:P363DRR4

  • STEP2
    「SEE ALL PLANS」をクリック
    telloのホームページ
  • STEP3
    プランを決めて、「I WANT THIS PLAN」をクリック
    telloの申込画面
  • STEP4
    「I’M NEW」を選択して、既存のアカウント使用するか、TELLOアカウントを作成して「JOIN TELLO!」をクリック
    telloの申込画面
  • STEP5
    住所、支払い方法などを入力して完了です

海外でスマホの手続きをすることは、難しそうに思えます。しかし、実際に手続きを進めると思いのほかスムーズにできました

私は月1ギガ×100分の通話プランを利用していますが、消費税を含めても7.10ドルです。日本円に換算すると1,000円ほどです

telloの請求書

また、楽天モバイルは海外で月2ギガまで利用できて1,078円です。私はTelloで1ギガ+楽天モバイルで2ギガの合わせて月3ギガで通信量が足りています

\紹介コード利用で10$のクーポン付き/

紹介コード: P363DRR4

5.データ容量を繰り越す方法・Tello Dollarsの使用方法

Telloは毎月の契約更新の際に、データ容量がリセットされます。元からお得な料金プランになっていますが、繰越し作業を行えばもっとお得に利用ができます

また、Tello Dollarsは自動で利用されません。繰越しの作業を行う際に使用することができます

今回はTelloアプリの場合でご説明します。パソコンの場合でも操作の流れは同様です

  • STEP①
    ダッシュボードを開く
  • STEP②
    更新日を確認。次回の更新日が12月21日と書かれているので、その前の12月20日までに繰越しを行う必要があります
  • STEP③
    翌月に利用したいプランを選択。「I want to this plan」をクリック。(※「No minites」、「No Data」を選ぶと繰り越しができません)
  • STEP④
    支払い方法を選択。紹介特典のTello Dollarsはここで選択できます
  • STEP⑤
    完了

    繰越し作業をした30日後が次回の更新日になります。毎月の繰越しをお忘れないように!

6.カナダでTELLOを使用した体験談

カナダのトロント・ナイアガラの滝へ行ってきました。その際にTELLOは圏外になってしまい、楽天モバイルの「海外で月2ギガ無料」が大活躍しました

楽天モバイルはナイアガラで「ROGERS」、トロントで「Bell」というキャリア回線に繋がりました。どちらも十分な回線速度でストレスは感じません

詳細は楽天モバイルの公式HPからご確認ください

7.まとめ

他にもアメリカ生活に関する記事を執筆しています。ぜひご覧ください

この記事がアメリカ赴任・留学・移住する方々のお役に立ちますと幸いです

いじょう!

コメント

  1. Sho より:

    この8月からアメリカのユタ州に4年間正規留学をするもの者です。アメリカ用のSIMカード選びで迷っていて、
    ①電話番号②安い③5ギガ以下しか使わない④月ごとに更新ができて、日本に長く帰る間は休止できる
    を条件にさがしているのですが、なかなか見つからず、そんな時にこの投稿を見つけたのですが、Telloはいいですか?

    • くまくま より:

      >>Shoさん こんにちは、SIMカード選びで悩まれているのですね
      私はミシガン州に在住ですが、Telloの通信速度に問題はありません
      ただし国立公園など家がほとんど無い地域では、どの通信キャリアでも電波は不安定です
      Telloのケースで①~④にお答えします
      ①アメリカの電話番号を入手可能です
      ②大手キャリアより格段に安いです
      ③毎月の使用料に応じてギガ数を変更可能で、手間はかかりますがギガの繰越しもできます
      ④休止できるか不明です。最安プラン(月6$)に変更しておけば出費は抑えられると思います